2010年11月24日 (水)

りおん

2010年11月23日午前9時、愛猫りおんが
天国へ旅立ちました。

7歳7ヶ月でした。

良くなることを信じて、りおんの病気のことを
ブログなどで報告出来ませんでした。

■病気の経緯■

昨年秋ごろから鼻水が出たり
くしゃみをしたりが多く、食欲が減っていたので
何度か通院していました。

1ヵ月に1度、3~4日通院すると
良くなっていたのですが、
その頻度も高くなり、体重も減少し、
今年の春ごろ、先生から「ガンの可能性」を伝えられました。

信じられないし、信じたくなかったですが
以前に兄弟であるみかんもガンが見つかった経緯があることから
可能性はゼロではないと思いました。

検査方法は、鼻水が出る左の鼻を切開し
組織をかき出して検査機関に送る、というものです。

頭部の手術という不安と、顔の真ん中に大きなキズが残るのが
かわいそうで中々踏ん切りがつきませんでした。

ガンだと、患部が腫れてくるとのことでしたので
しばらく様子を見ていましたが、
だんだん鼻が腫れてきて息も出来ないくらい
悪化してしまったんです。

今年6月下旬、
覚悟を決めて急遽手術することにしました。

まず、CTで見せてもらうと、
患部は腫れあがり、目の方まで肥大して
周りの骨は溶けていました。

手術は無事に終わり、
顔のキズも想像より小さいもので済みました。

20101124001
術後2週間のりおん

1週間後の検査の結果「悪性リンパ腫」、
ガンです。

それから週に一度の抗がん剤投与の生活が
始まりました。

普通の子なら抗がん剤を投与したら元気になるそうですが
りおんは元気が出ないままです。
食事も食べてくれないことが多く、あらゆるフードを購入しましたが
最終的には通院プラス強制給餌しかありませんでした。

※何かの参考になれば…
 我が家の2010年8月時点でのフードの一覧です。

Catfood_3

結局ヒルズのa/d缶を4等分して
朝1/4、晩1/4食べさせていました。

それとタヒボ茶と、国産のブルーベリーをミキサーで
皮ごとジュースにしたもの。

8月中旬、例年にない暑さのせいもあってか
極端に衰弱していたんですが
ブルーベリーを食べさせてるようになってから
若干元気が出てきました。

このころいろいろネットで検索して
九州のある獣医さんを見つけました。
漢方を取り扱っています。
ご存知の方も多いかと思います。

抗がん剤と併用出来るとのことでしたので
メールで相談させてもらい、
漢方を処方していただくことにしました。

20101124002
左上:カタライザー(漢方)+森乳ハネミル(市販)
右上:茶色はクラシオン(漢方)、白は抗がんのお薬
手前:EEMライジン(漢方)+スタミノール(市販)

2週間ほどで目に見えて回復したんです。
自分でモリモリご飯も食べるように!
体重も3.4kg→3.7kgへ。
通院も止め、週一回の抗がん剤投与のみで済むようになりました。

10月下旬、再び食欲と体重が落ち始めました。
通院と強制給餌再開です。

この時は衰弱という感じはなく、
本猫自身は元気なつもりでいましたので
強制給餌は闘いでした。

大変でしたが、元気なことで救われたんです。

11月に入って、食べると吐くようになりました。
食事も薬も漢方も。

20101124003
11月6日のりおん

心配なので私は在宅勤務に切り替えました。
いつでも様子が見ていられるように。

吐き気止めを注射してもらうようになりました。
抗がん剤のお薬も注射にしてもらうようにしました。

食べさせてないときでも吐くようになりました。
苦しそうなので漢方以外は食べさせることが出来なくなりました。

ひとつ強い方の吐き気止めを注射してもらうようになりました。

排泄を失敗するようになり、
オムツを装着するようになりました。

20101124005
11月18日のりおん

後ろ足はほとんど動かなくなりました。

11月20日、さらに強い吐き気止めを注射してもらいました。
吐かなくなりましたが、急激に衰弱しました。

体重3.0kg→2.8kgへ。

患部が少し腫れてき始めました。
黄色い鼻水が垂れ、その部分がただれるように。
そして、よだれを垂らすようになりました。
内臓が悪いのか、そのよだれはにおいがきついものでした。

体は受け付けないのに、薬で吐けない
そんな苦しい様子です。
11月22日、吐き気止めは以前のものに戻してもらいました。

先生は抗がん剤を、ひとつ強いものにすることを提案してくれました。
夫と相談して、翌日の抗がん剤の日にそうしてもらおうと決めました。

目を離すと暖かいホットカーペットから這い出し、
冷たいフローリングへ移動してしまいます。

夜、何度も目を覚ましてカーペットへ戻しました。
ウンチは拭いても拭いても流れて出ていました。

11月23日、9時過ぎに病院へ行こうと
9時前に起きたら、再びフローリングまで這い出だしていたので
抱きかかえると、か細い声で「にゃにゃにゃ」と言ったんです。

しばらく鳴き声を聞いていなかったので
鳴くほど辛いのかと思いました。

「うんうん」と言ってベッドの上に乗せて
病院へ行く準備をしていました。

夫が起きてきてりおんの様子を見ると
「あれ?おかしくない?」と。

「瞳孔が開いとる」。

「さっきからそんなかんじだったよ」と言いながら
りおんのそばに行くと、さっきとは違っていました。

力なくうなだれていたんです。
どんなに叫んでもりおんは動かなくなっていました。
心臓マッサージをしても動きませんでした。

りおんの最後は私が抱き上げたときだったんです。
お母さんが起きてくるまで待っていてくれたんです。
最後の力を振り絞って私に最後の言葉を言うために。

「ありがとう さようなら」

きっとそうだったんじゃないかと思うんです。

翌日夫は出張のため、当日中にルビーと同じ霊園にて
火葬して参りました。

20101124004

いつまでも泣いてはいられませんが、
まだ心の整理ができません。
まださよならは言えません。

火葬すると、病気にむしばまれていた部分は黒くなるんですね。
お骨を拾うときにわかったのですが
患部(左の鼻)は黒くなかったんです。

黒かったのは内臓のどこか(どの部分かは特定できません)と
肝臓。

黄疸が出始めてたので肝臓が黒くなったいたのは
やっぱり、という感じです。

もしかしたらガンよりも、内臓が悪くなっていたことが
一番の原因だったのでは?と思いました。

詳しいことはわかりませんが、
間違っているかもしれませんが、
漢方でガンが消滅した例もあるそうで、
もしかしたらりおんはガンが消滅していたのかも?

定期的に血液検査をしていたら、内蔵が悪いことが早くわかって
適切な治療をしていたらもっと長く生きられた、もしくはしんどくなかったのでは?
と思います。

一番長く一緒にいた私がそのことに早く気づいて
先生に話していればよかったのかもしれない、と
今更悔やんでいます。

(先生には九州の獣医さんから漢方を処方していただいてることは
 話していなかったので全ての可能性を知るはずもありません。
 全ては私の責任です。)

長々と読んでいただいたみなさま
ありがとうございました。
おかしな文章があったかと思います。
お許しください。

|

2010年2月 8日 (月)

基本情報技術者試験

「人生でこんなに勉強したのは初めてです」
というくらい勉強しています。

なので、もしダメでもしょうがないと思います。

昨年秋のITパスポートの試験中あまりの難しさに
逃げ出したくなりました run

5ヶ月間勉強してきたことがほとんど出てませんでした。
頭真っ白!目の前真っ暗! coldsweats02

またあんな感じになるんだろうな…って思ったら怖いです。

そもそも基本情報はSE目指してるような人が受けるような資格。
私には全く縁のない資格なんですから。
ダメ元です!
って言い聞かせて緊張しないようにします…。

勉強中、近くに来たにゃんこを拉致しては
ぐりぐりー とか もみもみーってして
遊んでもらってるので、手がひっかき傷だらけですcat

時間無い中、
「アグリーベティ3」
「イ・サン」
「龍馬伝」
観てます。

「イ・サン」、やっとスッキリの展開に。
ホン・グギョンがんばれ!

|

2010年1月25日 (月)

ひそかに再開してます…。

2009年は試験一色でした。

会社の方針で、IPA(情報処理推進機構)の
「平成21年度秋期 情報処理技術者試験 ITパスポート」
受験いたしました。

810点でみごと合格いたしましたhappy01

そして今は、「平成22年度春期 基本情報技術者試験」
目指しております。

システムとか情報処理とか…私には全く無縁の世界だったので
ゼロからのスタートとなりました。

こんなことでもない限り勉強することなんて今後一切ないだろうと猛勉強しました。
簡単と聞いていたのに、私には相当難しかったです。

今度受ける「基本情報技術者試験」は、さらに難しいんです。
ITパスポートで学んだことを何にも生かせないのはもったいないですもんね。

試験まであと3ヶ月きってます。
猛勉強中です。

20100125001 紗蘭です

5にゃんこ、全にゃん元気です。

昨年、りおんが風邪で何度か通院しました。
まだちょっと鼻水垂れてますケド…。

ぎゅう兄ちゃんは、今年16歳です。
かなり痩せました。
目元も落ち窪んでます。
歩くとき、ちょっとよたよたしてることがあります。

人間の16歳って言ったら一番元気なときです。
猫ってどうして寿命が短いのか
なんかせつないですね。

|

2008年3月16日 (日)

ご無沙汰してます

忙しさは少し落ち着いておりましたが…。
またまた忙しくなりそうな兆しが見えてまいりました。
仕事が忙しいのはありがたいことですね。

忙しくなる前に家の片付け、パン作り、野菜作り…したいなぁ~って思っていたんですが
結局何も出来ないまま…。

事務所を一緒に使っていたお隣さんがプレハブを建てて出ることになったので
事務所は広々となりました。
3Dソフトで新しいレイアウトを作成し、今週はボチボチ配置替えです。

Imgp021402_2

先日撮影した梅です。(梅…と思うんです。)
軽い花粉症持ちの私の鼻は鼻水でいっぱいです。

Imgp021602


先日購入したホットプレートでチヂミ作りました。
チヂミの素を使ったのですが、もちもちでおいしかったです!

|

2008年1月31日 (木)

買ったもの

取りに行ったときはすでにとっぷり暮れていましたので、ピンボケですが…。

Ma320003_2

夫専用ですが、私がずっと欲しかった赤/黒ホーネット250です!

暖かくなったら時々借りよう゚・*:.。. .。.:*・゜(^m^* ゚・*:.。. .。.:*・゜

|

2008年1月28日 (月)

散財…

仕事が忙しくてストレスがたまっているのか…。
最近、散財(?)衝動買い(?)が多いです。
稼いだ分きれいに使ってます…。

昨日、41万円のものを注文してしまいました。
冷静さに欠けてるなぁって思いますが…一応必要なものだから、ね。

やりたいこと、やらなくちゃいけないこと、山積みですが、しばらくは仕事一筋で行きます。
というくらい忙しいです。
ありがたいことに。

仕事がたくさんあるとうれしくなります。
片付けても片付けても依頼が来ると燃えます。
小さい事務所でやってますから、仕事が来ないと給料もらえなくなってクビになるといけないし。

以前、社長に「美緒さんは仕事が好きだねぇ」と言われてビックリしました。
この仕事好きですけど、そんな風に言われたの初めてですよ。
同じ職種の人に「この仕事好き?」って聞いたら「別に~」って言ってました。
それって天職なのかな?

ルビーがいなくなった我が家に、少し変化がありました。
長男ぎゅうのマーキングが減りました。
そして、みんなと仲良くするようになりました。

他の子と体をくっつけて団子になって寝るようになりました。


Imgp0198_2


左から、りおん、ショコラ、紗蘭、みかん、ぎゅう、です。

|

2008年1月21日 (月)

大雪です

こんなに積もるのは何年ぶりでしょう。
2年くらい前も大雪の日がありましたが、こんなには積もってなかったと思います。
小学校2年生くらいのとき大雪が降った記憶があります。
20数年前のことですね。

Imgp0196

この辺ではこの雪でマイカー出勤不可能です。
(スタッドレスタイヤなどの方は出勤していると思います)
2~30cmくらいは積もっているでしょうか。

朝、夫の母が出勤を試みて途中で立ち往生したそうです。
夫の父は松山から帰って来れなくなったそうで泊まっているそうです。

この程度で交通網がマヒしちゃうようでは雪国の方々に笑われますね…。

この忙しい時期に休まなくてはいけないのはとってももったいない…。
このところ激務でして、平日も休みの日も持ち帰って作業している状況です。
週末持ち帰った仕事は思いのほか早く片付いてしまい、日曜日は久しぶりにゆっくり出来ました。

これからは余るほど持ち帰っておかなくてはいけないですね。


Imgp0188


日曜日に作ったぜんざいです。
今日は甘酒でも作ろうかな。

|

さようなら、ルビー

2008年1月15日火曜日12時40分ごろ
最愛の猫ルビーが、天国へ旅立ちました。

Imgp0166

もう一ヶ月以上闘病生活が続いておりましたが、治療の効果もなく…。
原因は最後まで確定されませんでしたが、おそらくFIP(猫伝染性腹膜炎)ではないかと思われます。

精一杯のことをしてあげられたとはとても言えないです。
たくさんの後悔でいっぱいです。
謝りたいことばかりです。

Imgp0157

生前のルビーです。
もう腹水でおなかは張り裂けそうでした。
動くのもしんどそうでしたが、おトイレはがんばって自分で行っていました。

写真をたくさん残そうと思って撮りましたが、痩せてるし、けわしい顔です。

Imgp0162

治療しても良くならないことから、1月9日に先生と話し合って、自宅療養することに決めました。
3日に一回の通院で様子をみてみることにしました。
10日(木)と11日(金)は、朝と晩に強制給餌して利尿剤を飲ませました。
やっぱり悪化してしまいました。

ますます腹水がたまって、おトイレに行く前に失敗してしまうようになりました。
ごはんも全部吐いてしまいました。
金曜日仕事から帰ったら部屋に吐いたものが散らばっていました。

土曜日にあわてて病院へ連れて行き、ダメだと言われても腹水を抜いてあげて欲しいと言おうと思いました。
そうしたら先生から「腹水を抜いてあげるという方法もあります」と提案がありました。

自宅療養も腹水を抜くのも、回復させるための手段ではなく、最後に少しでもしんどくないようにしてあげるための方法でした。

1月14日、腹水を抜いてもらいました。
体重が1kgほど軽くなったので、たぶん1リットルくらい抜けたんだと思います。

先生からは抜いたあと、コロッと死んでしまうかもしれないですよ。と説明はありましたが、
それとは真逆でルビーはとても元気になりました。
ごはんも少し食べさせました。
自分からは食べませんでしたが、がんばって食べてくれました。
サプリなども欲張って入れてみました。
腹水はたんぱく質なので、抜くといきなりたんぱく質が減ってしまうとのことでしたのでたくさん食べさせて補わなくちゃ、と思いました。
表情も明るいし、食べたものを吐くこともなかったので、もしかしてこのまま良くなってくれるんじゃ…って希望を持ちました。

夜、ルビーはウンチを失敗して床とおしりが汚れていました。
急に食べたからおなかがビックリしてゆるんだのかな。と掃除しました。
なんだか下半身に力がないような気がしました。

1月15日朝5時ごろ、嘔吐の音で飛び起きました。
嘔吐はみかんの毛玉でした。
ろうかでルビーが倒れていました。
見るとウンチまみれになっていました。

夫も起こしてルビーを拭きました。
30分くらいかかって、手を洗ってから、もう一眠りしようと思ったら、もう一度ウンチをもらしてしまいました。
もう一度拭きました。
そして寝ました。

朝、起きてみるとルビーは同じ場所にいました。
会社に行く前に、オムツを買ってこようかと思い会社に遅れていくことを連絡しました。
夫にも手伝ってもらおうとお願いし、夫も遅れていくことにしました。

お弁当も作り、仕度も済ましてルビーを見ると、またウンチをしていました。
夫が持ち上げて私が拭こうとすると、ルビーがけいれんしながら大きい声を上げて、嘔吐しました。
目は瞳孔が開いて、もうルビーじゃありませんでした。

私はパニックになって泣きながらルビーを大声で呼び、拭くのをやめて、ルビーを横に寝かせました。
横にしたら少し落ち着き、表情も普通に戻りました。
私も夫も今日が最後になるかもしれないと思いました。

「洗ってやろう」って夫が言いました。
「持ち上げたらまた同じようになるよ?!」って反対しましたが、「最後くらい綺麗にしてやろう」と言われました。
泣きながらシャンプーしました。
お風呂大嫌いのルビーは、このときは何も抵抗しませんでした。
拭いてからドライヤーしました。
ドライヤー大嫌いのルビーは、このときも何も抵抗しませんでした。
それどころか、私の「ルビー、ルビー」の呼びかけに見たこともないくらい優しい表情で私と目を合わせてくれました。
夫にも呼びかけてもらうと、夫の方を見て目を合わせてくれました。

箱の中に寝かせると体がすごく冷えてき始めたので、カイロを5つくらい出してきて温めました。
やけどしてはいけないので少しずつずらして温めました。

ルビーの表情が少し明るくなり、自分で起き上がろうとしたりしました。
おしりにはさんでいたティッシュを見るとまたウンチが出ていました。
夫が「ふいてあげよう」って言うので「ちょっとだけ持ち上げて」と言いました。

持ち上げると再び激しく嘔吐を始めました。
けいれんし、目が同じようになっていました。
もう息をしていませんでした。
心臓は少し動いていました。
私は必死でルビーの心臓をマッサージしました。
時々口が開いて息をしました。
何度も何度も泣きながら呼びました。
もう心臓の音も聞こえなくなりました。

目が見開き、口が開いたままでした。
目と口を閉じさせました。


生き物というのは、こういうことなんですね。
いいときばかりじゃないんですね。
必ず訪れることなのですよね。
でも早すぎます。

生きている間にもっともっといろんなことしてあげればよかったと思います。
我が家に連れてきたことが果たしてルビーにとって幸せだったのか、と思います。
考えても仕方のないことばかり頭をグルグルしています。

1月17日、天気予報が晴れだったので、ルビーを火葬しました。

Imgp0169


松山市の高台です。
とても見晴らしの良いところでした。

お骨を全部拾って骨壷に入れました。

Imgp01782

一緒に焼いてあげて、といただいたおもちゃですが、焼いたとき骨と引っ付いてしまうとのことで、花以外のものは焼くことを断念しました。
なので、仏前にお供えさせていただいています。
みなさんから送っていただいたお花と、缶詰もありがとうございました。

064

元気な頃のルビーです。
5.5kgの大きくてフカフカのマイペースな子でした。
11歳と7ヶ月の短い猫生でした。

ダメな父と母でしたが、虹の橋の向こう
で待っていてくれますか…?

|

2007年11月17日 (土)

いろいろあって、へこみ気味…

ザナベレ購入しました。

Ma3200085

思い切って10kg購入したのですが、デ、デカイですね!!
りおんもびっくり?!

ですが…先日りおんが膀胱炎になってしまって(早期発見で軽いです)
現在全にゃんc/d中です…(>_<)

ayaさん、先日はいろいろ相談に乗ってくださってありがとうございました!
いろいろなものを送ってくださいまして本当にありがとうございました。
全部試してみてからお返事さし上げようと思いながら…
遅くなってしまってます…スミマセン。


Ma3200099
先週の土曜に香川のカフェに行きました。
「ブブカーネ」です。
クロックムッシュランチ、注文しました(右上の手は私のです…)

Ma3200114
デザートもおいしかったです。


いろいろあってへこんでいるというのは…
仕事関係のことです。

信頼していた人が実は私を陥れた張本人、ということがわかったんです。
あるときから違和感を抱いてはいたのですが、
この前間違いないって気づきました。(気づくの遅いです…)

昔も仕事関係で同じようなことがあり、当時は10代でしたので
わけがわからず、ただただ人間不信になりましたが…。
つくづく人を見る目がないなって思います。

私だけがやられたのであれば、別にいいのですが、
お世話になっている社長にも影響が及んでいるようなので
迷惑かけているな…って、へこみます。

ずっとその人の周辺で仕事をしていかなくてはならないかと思うと怖いです…。
何を考えて、今後どうするつもりですか?
次会ったらまた笑顔で話しかけてくるのですか?

存在しているだけで誰かを傷つけていることもあります。
今回はそういうことだったのですか?
気持ちはわからないでもないです。…が、悲しい人ですね。

自分よりもレベルが下に見えないと困りますか?
全部自分の思うとおりにならないと気が済みませんか?
そうでなかったら悔しいですか。

かなり信じられない出来事でしたが、他の人たちは
その人はそういう人だって気づいていたみたいです。

個人対個人の単なる嫌がらせならこっちも負けませんが
バックに大きな力が働いているものですから太刀打ちできません。

ほっぺをバシッとして「そんなことしてたら誰もいなくなってしまうよ!」って
言ってあげたいです。

|

2007年11月 3日 (土)

今日は市内でお買いもの

冷蔵庫の野菜室が空っぽに…。
今日は周ちゃんにて野菜を大量にげっとしました。

初めて「わさび菜」っていうものを購入しました。
どんな味なのかな?またレポしたいと思います。
そして違うお店では初めて「ラディッシュ」を購入。
夫のダイエットに協力してサラダ三昧で行きたいと思います♪

お昼は、お気に入りのカフェ「brunch coffee」にまたまた行ってきました。
今日のランチのスィーツは…
私はもちろんティラミス(写真奥)、夫はモンブラン(写真手前)にしました。
モンブランもスゴクおいしかったです!


Ma320012

↑モンブランの上にはピーカンナッツがのっているのです。


帰りに彫刻刀を探しに行ってみました。
文房具売り場にはなかなかないんですよね。
ホームセンターのカッターコーナーにありましたよ。

Ma320016

5本で約1000円でした。
消しゴムはんこ専用のものだと3本で900円なのでお得と思います。
(でも平刀って使うかな?)
あぁ次何彫ろう(^m^*

|

«塩スィーツ